【小説/感想】「フォーチュン・クエスト」シリーズが完結したので、その総評ですよ。

今日は、「フォーチュン・クエストシリーズの最終巻を読み終わったので、その総評です。
一部、内容にも触れますので、ネタバレ注意デシ!

フォーチュン、ついに完結デシ!

~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~

簡単な内容説明

30年に亘り続いて来た、長編ライトファンタジーシリーズ。
マッパー兼詩人のパステルと5人と1匹の新米パーティーが、様々な冒険を乗り越えてやがて世界まで救ってしまう物語。
ファンタジー小説の金字塔、「フォーチュン・クエスト」シリーズ()、ついに完結!

~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~

と言う事で、以前の感想で完結する気配が無いと書いたんですが、無事完結しました(^^;
パステルたちが大好きなので、このまま延々彼女たちの冒険を見続けていたい、と言う気持ちもありますし、作者の深沢さんも続けるべきかどうか悩んだそうですが、自然な展開として冒険の旅に終止符が打たれました。
謎の行商人が動き出し、ルーミィの親たちも登場して来れば、続ける事は無理矢理になりかねません。
1巻発売当初からの付き合いである古参ファンとして、惜しみつつも納得の完結です。

一応、いくつかの伏線は、触れられ無かったりさらっと軽くだけ触れていたりしますが、最終巻は実に
フォーチュンらしい内容で終わっています。
個人的に懸念していた、「
デュアン・サーク)」の宿敵である闇魔(ダークイビル)ネタですが、デュアンみたいに延々引っ張る事無く、比較的あっさり終わってくれて良かったです。
上巻でエルフの宝の正体が
闇魔だと判明し、パステルに取り憑いたところで終わっていましたから、デュアンよろしく延々心の中での闘争が続いたら嫌だな、と心配していたので(^^;

多少蛇足感は否めませんが、
フォーチュンの宿敵である謎の行商人がもうひと波乱起こす内容で、まぁ、ポッと出の(デュアン未読者にとってはなおさら)闇魔がラスボスになら無かったのは良かったと思います。
ただ、
パステル謎の行商人との決着では無くルーミィ救出を選択し、結果パステルが見ていないところでギアが止めを刺す展開は、ちょっと消化不良ですけどね。
古のモンスターたちとの戦闘における懐かしのキャラ大量投入も、最後だからと言う無理矢理感は否め無いし(^^;

そんな、
闇魔との戦い、謎の行商人との最終決戦はいまいちとも言えますが、闇魔との戦い後、謎の行商人との決戦後で語られる、彼女たちの日常描写は、フォーチュンらしくてとても良かった。
あれだけ仲良しだったパーティーが、離れ離れになったらどうなるのか。
現実世界ほど行き来は楽じゃありませんが、皆それなりに交流は続いていて、平和な生活に落ち着いている様でひと安心。
まぁ、
シロちゃんパステルと一緒に過ごしているので、その気になったらプライベートジェットより快適に、どこへでも行けるんだけど(^^;
ペガサスを利用して、週3~4日は
ルーミィも遊びに来ているそうだし(^∀^)
パステルの色恋については、明確な結末は描かれませんでしたが、最後に未来を予感させる様な素敵な終わり方をしていたし、多分フォーチュンの物語は全方面ハッピーエンドですね。

てな訳で、「
フォーチュン・クエスト」はライトノベルなんて言葉が無かった頃始まった作品なので、分類上Jr.小説(作者自称?)となるのでとても読みやすく、古典的なファンタジーでは無いライトファンタジーでもあるので、より多くの人が楽しめる作品になっています。
パステルと言う女の子の一人称で書かれているので、女性も気軽に楽しめると思います。
ルーミィシロちゃんなど、可愛いキャラもいっぱいいるし(^∀^)
内容も素晴らしく、ここに無事完結しましたので、とってもとってもおすすめです。
30年続いた傑作ファンタジー、是非読んでみて頂きたいと思います。

深沢さん迎さん、30年本当にありがとう御座いましたヽ(^∀^)ノ


個人的評価(シリーズ評価)
★★★★★(5/5)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

唯原陽幸
2020年08月06日 18:45
どもヽ(´▽`)ノ
読破お疲れ様でした。
そして作者様と絵師様にはお疲れ様の一言ですね。
30年も付き合いがあれば色々思う所もあるでしょうね。
私が読み始めたラノベはまだ10年も行っていません。
その他にあれこれ手を出し過ぎて読み切れていないという事態に(^^;
纏まった時間が中々取れないので、どんどん溜まっていくばかりで、
まだ途中ですが止めようか本気で考えています。
なんか勿体ない気もするのですが、読めずに山になっていくよりマシかなぁ
と思っていたり。
Valhalloss
2020年08月06日 21:12
どもヽ(^∀^)ノ

まぁ、何年か前に始めた、10代の頃に読んでいたけど途中で読ま無くなっていた小説の読み(集め)直し、で一気に空白を埋めたから、30年ず~とではありませんが(^^;

でも、挿絵の迎夏生さんは漫画家としても好きなので、こちらはずっとコミックスを買い続けていました。
最近は、世界の偉人みたいな漫画しか出していませんが(^∀^;

今ロードスの流れで魔法戦士リウイを読んでいて、次に同じくロードスの姉妹作クリスタニアまで読めば、残すはスレイヤーズだけだなぁ。
小野不由美の屍鬼とか十二国記なんかも読んでみたいから、楽しみは付きませんね(^∀^)