【漫画/感想】漫画「ドロヘドロ」を読み終わりましたよ。


今日は「
ドロヘドロを読み終わったので、その感想など。

全23巻+オールスター名鑑完全版

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

簡単な内容説明

先頃、TVアニメ化した、独特な世界観の漫画作品。

その世界はホールと言う人間の世界で、、魔法使いの世界から魔法使いがやって来て、人間を魔法の練習台にする。
何某かの魔法の影響で、主人公カイマンは顔をトカゲに変えられ、記憶も失ってしまった。
そんなカイマンは、友達の二階堂と一緒に、顔を戻す為、記憶を取り戻す為、今日もホールを訪れる魔法使いを殺して回るのだ。

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

と言う事で、ようやく「ドロヘドロ」読み終わりました。
強制地デジ化以降、観るTV番組を減らす方向なので、
アニメ版「ドロヘドロ」も最初は観ませんでした。
2話目か3話目の放送時、たまたまTVを付けたらやっていて、何と無く見ていたら興味をそそられ、その次の回から録画して観る様になり、面白いから観損ねた冒頭だけ
DVDを買おうと思ったらお高いBD-BOXの発売しか予定に無く、ならいっそ原作に手を出すか、と原作漫画を買い始めました。
1巻こそ中古で安く買えたのですが、2巻以降は中古の方がむしろ高い出品ばかりで、結局新品を買いましたが
アニメ化の影響か品薄だった為、楽天Amazonを取り混ぜて何とか新品を買い集めたものの、20巻と23巻だけ手に入らず。
毎日張り付いて20巻だけは何とか売価+送料-5%還元で新品よりも少し安い値段で買えましたが、23巻はずっとプレミア出品しか見付からず。
絶版本では無い以上、いつかは重版される本を定価以上で買う気は無いので、しかしコロナの影響もあってか中々重版されず、この6月ようやく重版された事で最終23巻が買えて、読み終える事が出来た次第。
集めるのに時間が掛かりましたが、その甲斐あってめっっっさ最高の
漫画でしたヽ(^∀^)ノ

さて、内容の方ですが、魔法使いが登場しますが一般的なファンタジーとは違い、世界観は現代日本みたいな感じ。
魔法も、大気中のマナを使って、とか精霊の力を借りて、とか神の奇跡を、と言う感じでは無く、手や口から魔法の煙を出して行使します。
かなり独特な世界観で、絵柄や作風もあっておどろおどろしい雰囲気?
簡単に人を殺す倫理観の軽い世界観で、人を輪切りにしたり臓物零れたりしまくりますが、自分は絵柄的に
ロいとは感じません。
まぁ、人によってはロく感じるかな?(^^;

そんな世界観も魅力的なんですが、個人的に最大の魅力だと感じるのは、キャラクターです。
主人公の
カイマン、相棒の二階堂を始め、登場キャラクターたちが皆超個性的で、彼らを見ているだけで楽しい。
と言うより、彼らを見るのが目的の作品であって、ストーリィなんておまけだと思う(^∀^;
いや、ストーリィもつまらない訳ではありませんが、ストーリィそのものより彼らがそれに巻き込まれている事が、面白さなんだと思います。
多分、同じストーリィでも、彼ら以外のもっと真面目なキャラクターたちであったなら、平凡な作品で終わってしまうでしょう。

自分が思う物語の3大要素は、ストーリィ、キャラクター、世界観ですが、同じ様にキャラクターが強い作品に「
エアマスター(と言うより、柴田ヨクサル())」があります。
勢いなら、「
エアマスター」の方が遥かに上です。
でも、「
エアマスター」に負けないくらい、「ドロヘドロ」のキャラクターは魅力的です。
エアマスター」のキャラは突き抜けていて、「ドロヘドロ」のキャラは頭おかしい(褒めています)(^Д^;

特に好きなのは、そのコマ内の主役とは別のキャラが、裏で何かやっているところ。
例えば、
恵比寿と言うキャラが、コマの隅でバラバラにされた魔法使いの入った袋を覗き込み、「おぞい」と言ってゲロゲロ吐いていたりします(^^;
ストーリィ展開に
直接関係無いアクション、リアクションを、コマの中で色々やっていて、それが彼らの個性をより深く鮮明に表現してくれます。
だから、メインのストーリィなんかより、後ろで何かやらかしている様を見ているのが、堪らなく楽しいんです(^∀^)
似たタイプの事をしているのが、「
ワールドヒーローズ2」の雑君保プや「日常」のあらゐけいいち、近いのが昨今の読みにくくなった「ONE PIECE」かな。
コマの隅々まで面白さが散りばめられているので、
アニメ以上に漫画の方が面白いと思いますね。

ストーリィの方も、添え物みたいなもんと言いましたが、決してつまらない訳では無く、
カイマンの謎を中心に展開し、その謎もちゃんと明かされるし、その他の展開もちゃんと収拾するし、最後は「ドロヘドロ」らしい終わり方で綺麗に完結しています。
見せ方として、
カイマン、二階堂サイドだけでは無く、魔法使い側のファミリーサイド、十字目と言う組織サイドと、方々に視点が飛ぶ見せ方で、キャラクターが主の「ドロヘドロ」に合った演出だと思います。
逆に、キャラクターが主では無かったら、話の進展が遅過ぎる、と感じるんでしょうが(^^;

アニメから入って原作漫画を読んだ作品の中では、「ベルセルク」、「エアマスター」、「クレイモア)」に並ぶほど、「ドロヘドロ」にはハマりましたね。
完全に、自分の趣味嗜好と合致しました。
ただ、とても個性的なだけに人を選ぶと思うので、誰にでもおすすめ出来る作品ではありませんね(^^;
絵柄さえ気に入れば、行けると思うんですが。
その絵柄も、どちらかと言うと丁寧では無く雑な感じですが、描き込みは相当なものです。
最終23巻のあとがきを読んだところ、アシスタントは使わず全部自分で描いている様で、凄いですね。

ちなみに、結構裸になっておっぱい丸出しも多いんですが、絵柄的にエロく無いですね(^Д^;
設定的には、エロい設定なんだけど。
だから、別人の手によるキャラクターデザイン、作画である
アニメ版は、そこそこエロロに該当する気がします(^^;

てな訳で、一気に個人的な歴代漫画TOP10に入ってくるほど、強烈なインパクトを持った「
ドロヘドロ」。
人を選ぶから万人におすすめは出来ませんが、ハマればとことんハマれる魅力を持っています。
まぁ、デビュー作である「
魔剣X」はそこまで面白く無いし、新作「大ダーク」はまだそんなに面白くなって来ていないから、「エアマスター」以外も全て面白い、と思う柴田ヨクサルほどには、林田球にはまだハマッていないけど(^^;
だから、とにかく「
ドロヘドロ」。
興味を持ったら読んでみて欲しい。
ドロヘドロ」最高ヽ(^∀^)ノ


個人的評価
★★★★★(5/5)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドロヘドロ(1) (IKKI COMIX) [ 林田 球 ]
価格:942円(税込、送料無料) (2020/6/19時点)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

唯原陽幸
2020年06月23日 20:30
どもヽ(´▽`)ノ
ドロヘドロどころか、今現在色々な作品の本が入手しづらくなっていますよね。
わたしもとある作品を転売価格で仕方なく入手出来なかった1巻のみ購入しました(´・ω・`)
Valhaloss
2020年06月23日 21:28
どもヽ(^∀^)ノ

印刷所も影響出る訳だから仕方ありませんが、結構出版社の新刊発行予定数も減っていますからね。
重版に回す余裕が無いんでしょうね。
アニメ化で原作売りたい出版社は、目論見が外れて困っている事でしょう(^^;