【ゲーム/感想/Xbox 360】Xbox 360「DRAGON AGEⅡ」をクリアしましたよ。


先日、
Xbox 360DRAGON AGEⅡ」をクリアしました。

今回の主人公は、二刀流のローグ

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

簡単な内容説明

傑作ダークファンタジーRPG「DRAGON AGE:ORIGINS()」の続編。

ダークスポーンの侵攻により、多くの人々が故郷を失った。
ケイラン王の軍に参陣し、からくも生き延びたホークたちは、次に故郷ロザリン
を追われる事となる。
その逃走劇の中、ホークは弟を喪い、途中で合流したアヴェリンは夫を喪う。
その死地より、荒野の魔女フレメスが助け出してくれた事は、幸か不幸か。
ホークは、フレメスに届け物を頼まれ、カークウォールまで逃げのびる事が出来た。
フェレルデンからの難民が溢れるこの地で、新たな人生を始めなければならない。

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

と言う事で、「DRAGON AGE」シリーズ通しプレイとして、「DRAGON AGE:ORIGINS」2周目()クリア後、即を始めました。

内容としましては、基本的には前作同様の似非
アクションRPGで、アクションっぽい操作で4人パーティーを操る変わったシステムです。
一応、前作のセーブデータをインポート出来ますが、「
MASS EFFCT」シリーズ()と違って引き継げるのはシナリオ展開のみ。
主人公は別人だから引き継ぎ要素無いし、前作をクリアしている事によるボーナスも無し。

で!
直接繋がっている続編だから、前作キャラも出て来るし世界観も共通なのに、ラフィックが、と言うよりデザインが変わってしまっています(-ω-)
ラフィック自体は、使用エンジンが変わったのか向上しているんでしょうが、デザインを変えてしまったので面影がありません。
前作では普通の老婆然としていた
フレメスが、角みたいな髪型の魔女魔女した容貌になっていて、初見別人だと思いました(-Д-)
そして、クナリ族と言う巨人族が登場するんですが、彼らには急に角が生えちゃって……そんなに角好きかっヽ(`Д´)ノ

元々、クナリ族は少し身長が高く(人間が平均170cmだとしたら、平均190cmくらいのイメージ)、独自の文化風習、宗教を持っている異民族と言う扱いでした。
巨人と言っても少し背が高いくらいだし、ましてや角など生えていませんでした(ORIGINSにはスタンと言うクナリ族の仲間がいるので、間違いありません)。
それが急に角生えちゃって、巨人から鬼に変わってもうて……世界観が違うやないかいっヽ(`Д´)ノ

ラフィックそのものも、中途半端な向上の為か、不気味の谷が増して個人的には気持ち悪くて
ORIGINSの方が好きです(^^;
特に、エルフの目が気持ち悪い(宇宙人的?)。
まぁ、前作より綺麗にしなくちゃ、と言う考え方は否定するものではありませんが、センスは悪いしデザイン変えるのは違うと思うし、大失敗だと言わせて頂きます(^Д^;

このゲーム、ラフィックに限らず、多くの部分で
ORIGINSより良くしようと言う思惑が外れて、結果下回っています。
オバマで勉強したはずなんですがね、チェンジはそれ自体が良い事では無いと(制作は任期中だから、まだ思い知っていない?(^^;)。
1番の肝である戦闘、成長システムもそうです。
まぁ、
ORIGINS本編もLv.上限は25だからそこは良いとして、上級クラスが減り主人公しか獲得出来なくなったし、タレント、スペルの数も減ったし、仲間の防具は変更出来なくなったし、ポーションにもリチャージ時間が設定されたので回復もしにくくなったし。
シンプルにして完成度を高めようとしたのか、結果奥行きが狭まりました。

好感度に関しては、+だけで無く-にも意味を持たせようとして、フレンドとライバルのどちらに傾くか、と言う新機軸にしましたが、前作にあったギフトアイテムが限定的になり、好感度の変動はほぼ会話だけで起こります。
結果、フレンドにもライバルにもしづらく、ただ煩わしいだけの要素に(-ω-)
今回、恋人にしたかった
フェンリスと言うエルフの戦士は、元魔道士の奴隷だったから、魔道士寄りの言動は全て-.
しかし、主人公には魔道士の妹がいる為、ロールに従って魔道士寄りの言動が多くなり、常に行動を共にする事でライバルばかりが上がってしまい、ロマンスは始まったものの完遂は出来ず。
あまつさえ、ライバルが高いキャラは最後敵側に付く様で、反発し合いながらも惹かれ合っていた2人が殺し合う展開(TДT)
裏切らせるならさぁ、ライバルや無くてただの敵やんヽ(`Д´)ノ
妹は途中で死ぬし(エアリスかっ<ツッコミw)、1人は途中でお宝持ち逃げしていなくなるし、1人は敵側について殺す羽目になるし……
は仲間をどうしたかったんやっヽ(`Д´)ノ

シナリオの方も、ちょっと気に入りませんでした。
まぁ、これは好みの範疇かも知れませんが。

カークウォールと言う舞台が、1都市で国家と言う体の都市国家で、それが複数集まって出来ている自由連邦と言う共同体。
1都市ではあっても国家だから、自由連邦全体では無く、カークウォール、及びその周辺だけで物語が展開します。
それもあって、次々と出現するサブクエスト群を熟して行く様が、とてもせせこましく感じてしまって(^^;

フェレルデン全土を巡って、全種族共通の敵ダークスポーンの脅威を迎え討つ為、各勢力の戦力を結集し、ダークスポーンの大軍とそれを司るアーチデーモンとの一大決戦!
そんな壮大な一大叙事詩であった
ORIGINSと比べて、あんまりにも規模が小さくなり過ぎていて(^ω^;
一応、魔道士とそれを抑圧するテンプル騎士団が、ついに臨界点を突破して決裂する!
と言う、このシリーズにおいての重大事件ではあるのですが、やはりスケール感に難あり。
別に、自由連邦各国を渡り歩く展開でも、良かったと思うんですがね。
サークルとテンプル騎士団のいざこざも、これを機に全土に広がるのだし。

ただ、最終決戦は何だかんだ言って盛り上がったので、クリア後感は悪くありませんでした。

唯一勝っていたのが、完全日本語音声化ですね。
このゲーム、仲間やモブが急に喋り始める事があるんですが、その時は会話モードにならずにキャラの上に吹き出しが出るんですよ。
通り過ぎたモブや背中側にいる仲間が急に喋り始めたら、吹き出しが見えません(^^;
すぐ気付けばカメラを回せますが、そうで無ければじきに消えてしまいます。
音声が日本語なら、見えていなくてもセリフだけで意味が判りますから、ありがたいです。
実力派有名声優を起用している事もあって、声だけで誰が喋り出したかも判るし(^∀^;

と言う訳で、ローカライズは頑張ったと思いますが、それ以外は全て
ORIGINSを下回っている.
もちろん、今回はシリーズの通しプレイだからすぐ「
DRAGON AGE:INQUISITION」を始めた訳ですが、2周目は無いな(^^;
でも、クリア後感は悪く無かったし、あくまで
ORIGINSと比べると下回るだけで、基本的には充分面白い作品です。
だけ遊ぶなら素直ORIGINSを遊べ、って話ですが、シリーズの続編としてORIGINSの後に遊ぶなら、問題無いと思います。
ORIGINSには劣るから、期待のハードルを上げないで遊ぶのがコツw
自分は、ハードル上げて遊んじゃったのが失敗でしたね(^ω^;


個人的評価
★★★☆☆(3/5)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

唯原陽幸
2020年05月12日 20:27
どもヽ(´▽`)ノ
クリア毎度お疲れ様です。
ゲームの感想を読まさせて頂きましたが、ホント仲間をどうしたいんでしょうね、意味が分かりませんw
どう見ても劣化ゲームです、本当に(ry
さて最近XBOX360 のエミュレータでDLCの使用方法を見つけましたので、
記事にしようと思うのですが需要があるのかという疑問に駆られてブログに
載せかねています。
実際に確かめたのですがエミュレータの完成度がまだ低く、自前のゲームの
DLCは適用されませんでしたけれど(´;ω;`)(ゲームによっては有効になる)
ホントどうしようw
Valhalloss
2020年05月12日 21:15
どもヽ(^∀^)ノ

満を持して、そして映画まで観て臨んだ続編だけに、ハードル上げ過ぎた自分がいけない(^^;
他の類似ゲームと比べれば、充分面白いゲームなんですが、それだけORIGINSが傑作だったと言う事で。

エミュは入り口でつまずいて見送りですが、やっぱりハードスペックが桁違いになって来ているPS3、箱○以降の世代ハードは、エミュも難しいんでしょうかね。
まぁ、この辺はまだ新しく、全てではありませんが下位互換で新ハードで遊べたりもするので、エミュの需要もレトロハードほど無さそうですが。