【レトロゲーム/感想/PC-9801】PC-9801「パラケルススの魔剣」をクリアしましたよ。


先日、
PC-9801パラケルススの魔剣」をクリアしました。

TRPGタイプのホラーRPG.

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

簡単な内容説明

ゴーストハンターシリーズの2作目である、
テーブルトークRPGタイプのホラーRPG.

ウェザートップ館の事件から6年、
生還した仲間たちはそれぞれの生活を送っていた。
アレックスと結婚したモーガンからの誘いで、
ヨーロッパにいるビンセントの学会に合わせ、
久しぶりに再会を果たす面々。
新婚旅行を兼ねた同窓会の様な気楽な旅のはずであったが、
霊能力者であるフランカとの出逢いや
行き方不明であった草壁健一郎との再会を経て、
秘密結社が暗躍するヨーロッパを舞台とした、
様々な事件に巻き込まれて行く一行。
彼らは、再び生還を果たす事が出来るのであろうか……

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

と言う事で、前回クリアに失敗した「ラプラスの魔)」の続編、「パラケルススの魔剣」です。
一応、同じ
ゴーストハンターシリーズであり、直接続編でもありますが、まったく関係無いっちゃ関係無いっス(^Д^;
と言うのも、ゲームそのもののコンセプトが違いシステムも別物と言うだけで無く、キャラクターが
小説版のキャラクターたちで、ラプラスの事件も触りだけに止まるので、ラプラスを知らなくても問題無いからです。
もしかしたら、後発の
X68000版コンシューマーの移植版などには、小説版のキャラクターたちも出演しているかも知れませんが、オリジナル版には草壁健一郎しか出て来ません。
だから、今回
パラケルススを遊ぶ為にラプラスから遊びしましたが、いきなりパラケルススからでも何も問題無かったな(^^;

さて、内容の方ですが、
ラプラスは「Wizardry」タイプの3Dダンジョン探索系でしたが、パラケルスステーブルトークRPGタイプです。
システムは完全に、
TRPGのルールブックであるゴーストハンターRPGと一緒。
雑魚を倒しても経験値は入らず、シナリオクリア時に経験値を獲得します。
ラプラスでは、パーティーメンバー全員を自作しましたが、今回は主人公のみ自作して、残りのメンバーは小説版の主人公たちになります。
PCの分身である主人公は、彼らと共にウェザートップ館から生還した1人と言う体です。
3Dダンジョンはありますが、街中での探索の過程で、一部建物や洞窟などで3Dダンジョンを探索するだけで、ニューカムの街以外は全て3Dダンジョンだった
ラプラスとはまるで違います。
写真を撮ってお金を稼ぐ要素も無くなりましたし、ラフィックの向上もあって、言わなきゃ同じゴーストハンターシリーズだと気付かないレベル(^^;

TRPGゴーストハンターRPGは、自分がゲームマスターをする時に好んで使ったルールブックの1つで、それを忠実に再現するのがコンセプトになっているので、完成度は高いです。
TRPGの再現なので、シナリオもラプラスみたいに訳判らない感じじゃ無いし、見た目も良くなったから一見してかなりの進化を果たした様に見えます。
じゃあ、より面白くなったのかと言えば……
正直、ラプラスの方が面白かったです(^Д^;

TRPGの再現にこだわったのは良いんですが、やはりコンピューターRPGTRPGは別物です。
そのまま
CRPGに移行しただけでは、良さは再現出来ません。
まず、全てのロールを自動化しているのが頂け無い。
その分さくさく進行しますが、やはり一々自分でサイコロ振るから楽しい訳で(^^;
仲間と話し合って進める訳でも無いし、ゲームマスターが臨機応変にアドリブしてくれる訳でも無いし、ただそれっぽい雰囲気ってだけです。
ソードワールドPCでは気になら無かったんですが、ファンタジーホラーでは少々勝手が違うのかな?

ダンジョンRPGとして相応の魅力を発揮したラプラスに比べて、欠点は少なく魅力も少なく、結果平凡な作りになってしまった感じです。
特に理不尽な謎解きも、強過ぎて勝てない敵が出て来る様なバランスの悪さもありませんが、
TRPGほどの自由度も無いからパラケルススらしさの部分にパンチが足りない。
以前遊んだ「
クーデルカ)」の続編シャドウ ハーツ)」も、完成度は高いしゲームとしては面白かったっけど、「クーデルカ」ほどの魅力は無かったなぁ。
完成度が上がる事が、そのまま面白さに繋がるとは限りませんね。

てな訳で、本命だった
パラケルススですが、期待していたほど面白くありませんでした(^^;
クリアに失敗、最終盤は不条理、だけど、
ラプラスの方が好きっス(^Д^;
プラスであれマイナスであれ、絶対値が高い方が、断然印象深く心に刻まれますね。
いえ、
パラケルススだって、別につまらない訳じゃ無いんですけどね。
多くの積みゲーの中から、満を持して遊ぶだけの価値があったかは疑問ってだけで(爆)


個人的評価
★★★☆☆(3/5)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

唯原陽幸
2020年02月21日 20:25
どもヽ(´▽`)ノ
クリアおめでとうございます&お疲れ様でした(´・ω・)っ旦~
TRPGは私にはよく分からないんですが、
なんかどこかで解説を見てふ~ん程度しか理解できませんでしたw

私はというとまとまった時間が取れず、レトロゲーが進みません(^^;
ちなみにプレイ中のゲームはPCEのダンジョンエクスプローラーで、
今はある程度進んでプレイヤーキャラはプリンセスを使っています。
早くクリアしたいなぁ……。
Valhalloss
2020年02月21日 21:10
どもヽ(^∀^)ノ

TRPGとCRPGは、まったく違いますね。
本格的なボードゲーム(人生ゲームとかモノポリーとは違う)の方が近いでしょうね。
会話が肝なんで、戦闘の無いシナリオなら1対1で喫茶店でも出来ますね。
アナログは、面倒臭い分面白味もあります(^∀^)

ダンジョンエクスプローラーかぁ。
当時はPC用コントローラーが無くて操作出来無かったけど、箱○コントローラー反応するかな?
1度は腰を落ち着けて遊びたいと、思い続けてはいるんですけどねぇ。