【ゲーム/感想/Xbox 360】Xbox 360「TOO HUMAN」をクリアしましたよ。


先日、
Xbox 360TOO HUMAN」をクリアしました。

自分は、TPSにてプレイ

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

簡単な内容説明

北欧神話+サイバーパンクと言う、独特な世界観のハック&スラッシュ。

病み上がりのバルドルは、
人間たちの酒場で新しいタイプの機械と遭遇する。
その機械は、人間の生き血を啜り、
神々=アシールたちの武器に耐性もあった。
人間たちの守護者であるアシールの1人として、
バルドルはこの機械を追撃する事に。
自らを襲った、悲運を忘れたままで……

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

と言う事で、今回は独特な世界観のハック&スラッシュ「TOO HUMAN」です。
前回、「
DUNGEON SIEGE Ⅲ」の2周目()を遊んだ事で、ハクスラを見し始めたものの、まだ完全にハマり切れず物足り無かったので、面白いハクスラとして評判だったから購入しておいた今作をチョイス。
長い事、
ハクスラを少し敬遠していたので、遊ぶ候補にはなっても落選続きでしたが、ようやく遊べました(^^;

内容としましては、特徴的なのが北欧神話+サイバーパンクと言う世界観です。
銃を撃ち、サイバースペースへ行き来し、敵は機械ながら、何と無くファンタジーを感じる。
多分、近いのは「
ファンタシースター)」の世界観ですかね?
アクションRPGであるオンラインの方(未プレイだから、多分(^^;)。

システムの方は、スタンダードな
ハクスラよりも、TPSのアクションRPGに近い感じ。
視点は自由に動かせないんだけど(LB押しながら右スティックで自由視点があるにはある)、視点モードが7つくらいあって、
ビハインドビューから良くあるハクスラのバードビューまで、幅広く選択可能。
自分は、
バードビューだとキャラ小さ過ぎて迫力に欠けるから好きでは無いので、デフォルトの良くあるTPSっぽい視点でプレイしました。
ある程度オートでカメラが動くから、
ビハインドビューにするとちょっと酔いそうだったし(^Д^;

ハクスラらしく、経験値稼いでレベルアップ、獲得したポイントでスキル獲得&成長、武器防具を拾ってルーンを刻む事でカスタマイズ、チャームと言う別種の特殊能力付要素あり、と成長、育成要素は充実。
キャラメイキン
は出来ませんが、クラスが5種類あるので、選んだクラスごとに個性が違うキャラを遊べます。
ステージ1クリア後に、2つの属性、ヒューマン(そのまま)とサイバネティック(さらにサイボー
化)を選択するので、さらに選択肢の幅が増えます。
そこまで大きく変わりませんが、一応5x2で10パターン(スキルツリーの分岐もある)。

アクションの方は、右スティックが視点操作では無く攻撃入力に使われます。
マニュアル読んだ時点での1番の不安点でしたが、遊んでみると快適でした。
もちろん、カメラが不自由だしボタンで攻撃出来る方が馴染んでいますが、このゲームに関してはこれで問題無いと思います。
あとは、雑魚がわらわら群がって来る
無双系で、個人的には好みじゃ無かった。
ただ、銃をメインに戦うと、
TPSアクションガンシューティンっぽくなるので、それが少し救いでした(^^;
これがあったから、序盤で投げずに済んだと言える(あくまで、個人的な好みの問題として)。

基本的には、とても良く出来た
ハクスラだし、面白いとも思いました。
客観的な駄目ポイントは1つだけだし、あとは俺の好みの問題(^^;

ハクスラ全般に対しいつも書きますが、やはり任意で消費アイテムによる回復が出来ないのは嫌い。
今作の場合、バイオエンジニアと言うクラスにのみ回復能力があり、基本コンテナや倒した敵から出る回復アイテムでの回復だけ(+Lv.up時全快)。
コンテナ無し雑魚無しで危篤状態に陥ったところからの、挽回方法がありません。

そして、今作もネット接続によるマルチプレイ前提の為、セーブデータの扱いが不自由です。
キャラメイキン
が出来ないから全員バルドルですが、一応データ別に名前入力が求められ、キャラ別データを作成。
各キャラごとにセーブは1つで、任意セーブも可能ですが、随時オートセーブで上書きされて行きます。
だから、やり
しも出来ないし、クリア前のデータを取っておく、とかも無理。
しかも、セーブデータは全てコピー不可(-'-)
自分は、HDDに作ったデータを1度削除して、メモリーユニットを挿してそっちにデータを作り
して遊びました。

あと、先述した通り雑魚が大量に湧く
無双系なので、基本退屈(^^;
まぁ、以前遊んだ
無双系と比べれば、雑魚が強めなのでボタンをただ連打していればクリア出来るほど単調ではありませんが、それでも無双系は普通のアクションゲームほど楽しく無い。
オートロックオンだけど、大量の雑魚に邪魔されて狙いたい敵を狙えないからイラッとするし(^^;

まぁ、それでも本編はそこまでいやらしく無いから良かったんですが、クリアしたステージにもう1度挑戦するモードの方は、敵やルートが変更されていて、バランスも滅茶苦茶でした。
PCよりも10Lv.以上強い敵や、遠隔攻撃がほとんど効かない敵、爆発や凍結、毒などの属性攻撃をして来る敵がわんさかいて、ただただ辛いだけ……
それでいて、クリアしたから何かあると言う訳でも無く、単にもう1度同じステージに挑むだけなら、周回プレイをした方が建設的。
これって、何の為のモードなのやら┐('~`;)┌
あと、本編も最高Lv.50に到達しちゃうと、それ以上PCは強くなれないのに、PCより高Lv.の敵、遠隔効かない敵、属性敵が増えて行き、こちらもただただ辛いだけになりましたorz
このゲーム、Lv.カンストしない方がまだ楽しいです(^Д^;

とまぁ、この辺は好みの問題で、
ハクスラ好きには任意アイテム無しも当たり前だろうし、セーブ仕様は気にしない人は気にしないだろうし、バランス崩壊は別モードとカンスト後だけなので、客観的な欠点とまでは言えません。
問題は、シナリオ。
短過ぎて、続編に続く、では無く、前後編の前編終了って感じでした(-ω-;

ステージ中のストーリィ以外は、ステージ間に展開する訳ですが、ステージ数が全4ステージと少なく、結果展開が圧倒的に少ない。
あらすじにすれば、充分物語は進んでいる事になるのだろうが、実際に描かれるボリュームが足りていない。
その為、宿敵
ロキが逃走し、続きそうな終わり方をされると、「いや、ここで終わりかよっヽ(`Д´)ノ」と突っ込まずにはいられません(^Д^;

ステージそのものは、ステージ1はチュートリアル的な面もあるから良いとして、ステージ2~4は長過ぎて冗長的。
長さを半分にして全7ステージで全体のボリュームは同じくらいにした方が、ストーリィ展開も充分で周回プレイにも適した長さ、って事になったんじゃ無いでしょうか。
ある程度のボリュームさえあれば、続きを後編では無く続編と捉えられる終わり方も出来たはず。
……ま、続編出ていないから、単に中途半端な物語って事なんだけど(^Д^;
オーディンロキが同じ声だから、実はすでにオーディンは……みたいな陰謀とかあるんじゃ無いかと、結構シナリオの中身は気になっていたんで、続編が無いのは残念です(-ω-)

あ、それから、思い出したけどもう1つ欠点あった(^^;
それは、足の遅さ。
いえ、戦闘中には気にならないレベルで、ダッシュは欲しいけど無くても仕方無いと言う程度。
問題は、サイバースペース内。
一応、メーカー側が謳っているこのゲームのジャンルは
アクションアドベンチャーで、特に謎解きなんかはありませんが、あっち行ったりこっち行ったりしてストーリィを進めたりはします。
その中で、サイバースペース内での移動や探索もある訳ですが、戦闘行為は一切無しでただ歩いて(走って)行って回収するものだけ回収したらまた歩いて戻らなければなりません。
そのサイバースペース内が、雰囲気の演出の為だと理解は出来ますが、とにかくだだっ広い(-ω-)
ただ移動するだけのステージなので、足が遅くてイライラします。
移動用のダッシュを付けるとか、サイバースペースから退出する時はボタン1発でどこからでも退出可能にするとか、何かしらの対策は欲しかった。
サイバースペースの1番深いところまで歩いて行って、そこから入り口までまた歩いて戻るのは、本当に無駄な時間でした。

てな訳で、またぞろ手放しで褒められる様なゲームではありませんでしたが、客観的には素晴らしい
ハクスラだと思います。
個人的にも、
ハクスラと言う部分では、充分楽しめました。
Lv.カンストやLv.3チャームを1つくらい完成させようと、結果1キャラ目は2と3/4周、普段やらない防御力主体のキャラもやりたいと随分前から色んなゲームで思いながらも機会に恵まれ無かったので、今作にはディフエンダーと言う防御力主体のクラスがあったのでそいつで1周、計4周弱遊びましたから、好きか嫌いかで言えば好きです(^∀^;
明確な減点対象もシナリオだけだし、
ハクスラに興味さえあれば、是非にとおすすめ可能です。
北欧神話+サイバーパンクの世界観は、むしろかなり好きですよヽ(^∀^)ノ



個人的評価
★★★★☆(4/5)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Too Human -トゥーヒューマン-【中古】[☆2]
価格:100円(税込、送料別) (2019/9/8時点)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

唯原陽幸
2019年09月10日 21:33
どもヽ(´▽`)ノ

攻略お疲れ様です(´・ω・)っ旦
防御主体のキャラには興味がありますね。
今遊んでいるオンラインゲームではパラディンの職で遊んでますし。
ゲームソフトのお値段も安いですし、機会があればプレイするかもしれません。
ただ個人的には移動速度が遅いのは減点に入るかもしれませんねぇ。
ゲームの感想を読んでみてわたしは★3.5って感じがしますw
移動のする際の乗り物とかあればいいかと思いました。
ではでは。
Valhalloss
2019年09月11日 20:54
どもヽ(^∀^)ノ

SOの終了間際、3rd.キャラを防御系キャラに修正したばかりでしたが、それ以来中々防御系キャラをプレイする機会が無かったんですよね。
自分の中で優先度低いし、システム的に防御全振りでもダメージキツいゲームもあるし、攻撃の方が疎かになって結果凄ぇ地味になりがちだし(^^;

このゲームの場合、もしかしたらディフェンダーが1番使いやすいかも知れません。
一時的に無敵になったり、属性攻撃を無効化するフィールド張れたり、攻撃面はやはり遠近どちらも中途半端ですが、近接攻撃力は充分な強さだし。
逃げ回って遠隔攻撃に徹しないとツラかった1キャラ目のコマンドーより、2キャラ目の方が圧倒的に楽でした