【レトロゲーム/感想/PC-88】PC-8801「夢幻の心臓Ⅲ」をクリアしましたよ。



先日、PC-8801夢幻の心臓Ⅲ」をクリアしました。

ウにてんてんが使え無かったので、今回はバルハロス(^^;

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

簡単な内容説明

国産の3大パソコンロールプレインゲームシリーズの1つである、
「夢幻の心臓」シリーズの3作目。
(ちなみに、当時の国産3大パソコンRPGとは、「ドラゴンスレイヤー」、「ハイドライド」、そして「夢幻の心臓」。)

ついに故郷へと帰り着いた戦士は、
しかしそこが以前の故郷では無い事を知る。
次元界カオスは、異次元からの脅威にさらされ、
それに対抗した未来のカオスの国アークが放った次元砲により、
未来のカオスの一部は存在ごと消え去っていた。
そうして何も無くなった場所に、過去の、戦士が生きた時代のカオスの国が時空間転移して来て、過去と未来が混在する姿へと変貌していたのだ。

次元砲によりその戦力の大半を失い鎮静化してはいたが、
異次元からの脅威は消え去った訳では無く、今もなお侵攻は続いていた。
その影響の為に不安定となった次元界を繋ぎ止める為、
戦士が心臓と共に持ち帰った神聖剣が必要となる。
今再び、故郷のみならず次元界全てを救う為、
戦士の旅が再開されるのであった。

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~


と言う事で、ついに「夢幻の心臓」シリーズ制覇です……いや、すっきり終わら無かったけど(^^;
ともかく、ようやく3部作全てをクリア出来ました。
子供の頃の憧れが、何十年越しで叶ったのです。
それだけは、本当に良かった。

さて、まずは内容説明から行きましょう。
世界観は、
)までの定番ファンタジ-に、未来世界のロボットや銃なんかが合わさったもの。
登場種族も少し増え、エルフ、ドワーフ、シーに人間。
その人間も、前作のエルダー人と主人公の故郷のカオス人、その中でも過去のカオス人と未来のカオス人がいて、他にエスパー族、ライカンスロープ、ジャイアント、ドラゴンが仲間になります。
時間経過は自動、且つそこそこ高速で、前作みたいに敵の動きを見ながら考えて1歩1歩歩く事は出来ません。
シンボルエンカウトのままですが、戦闘はコマンド選択式から見下ろし型バトルフィールドでのオートバトルに変更。
クラスチェンジは段階が増えていて、総じてシステム周りはかなり進化しています。
ラフィックが格段に綺麗になったり、全編BGMがあったりと、前作までとは時代が違うゲームでした。
ただ、持てるアイテムが1キャラ16個までなのに、前作にはあったアイテムを預かってくれる銀行が無くなっていたり、銃などが弾切れを起こしても、戦闘中に装備を変更出来ないから遠距離攻撃出来なくなるしと、完成度はまだ低かったです(^^;

では、面白かったかと言うと、滅茶苦茶面白かった……序盤は(^Д^;
少しずつ強くなって行くのが楽しくて、最初のクラスチェンジなんか凄ぇわくわくしたし、「
ハイドライド3)」同様「夢幻の心臓」シリーズは3作目が最高傑作じゃね?
と興奮したんですが、多少最初からおかしな点もありました。
普通の
RPGなら、最初のイベントなんてさくっとクリア出来るじゃ無いですか。
でも、「
夢幻の心臓Ⅲ」の場合、最初のイベントで倒すべき敵が強過ぎて、取り敢えず後回しにして他に行けるところを先に回って、ある程度強くなら無ければ進め無かったりします。
そんな感じで判り易く順番に進められるゲームでは無かったから、何をすれば良いのか聞いてもしばらくは回り道って事も多く、その内何をすれば良かったのか忘れちゃったり(^ω^;
次に何をすれば良いのかと言う大事な情報を聞けるのは1回だけだし、本当に謎解きが判りづらいゲームでした(-∀-;
ま、1か所行けないまま終わっちゃったけど、クリア自体は自力で出来たので、理不尽な訳ではありませんけど。

で、中盤に入ると、謎解きが判りづらい以上に困った事になりました。
戦闘バランスが、一気にシビアになります。
それと言うのも、店で買える武器はそれなりの攻撃力なんですが、防具の方はちっとも強く無く、敵から受けるダメージがかなり大きくなって行きます。
無理して先の街へ辿り着いても、あくまで買える防具は弱い防具ばかりなので、ダメージ軽減の役には立ちません。
そこで、やられる前にやると言う方針を取らざるを得ず、大きなダメージの
え合いになります。

一応、その頃から買える様になる銃の威力が高く、接敵しないで攻撃も出来るから充分戦えるんですが、弾薬を消費するし弾切れしても装填出来ないし値段高いし(^^;
何より、例えばレーザーガン 50とレーザーガン 20と言う武器を2つ所持している場合、レーザーガン 70に合算出来ず、あくまでもレーザーガン 50とレーザーガン 20と言う別々の武器扱い(-ω-)
その所為で、銃を主力にすると、ただでさえ少ないアイテム所持数を逼迫しちゃって凄ぇ邪魔(^Д^;
ここの完成度の低さはツラかったorz

その先は、銃の性能も頭打ちで、次は威力的に爆発物を頼るべきなんですが、着弾点の周りまで巻き込まれます。
接敵して近接攻撃を行う前衛キャラがいた場合、仲間ごと攻撃する事になってしまいます(-'-)
結局、中盤は銃で乗り切り、終盤は拾ったレア装備で固めた多少強めの主人公(+少し主人公よりも弱い前作のヒロイン(^^;)を、敵に突っ込ませて何とかやり繰りしました。

魔法も、中盤以降は攻撃魔法ですら効果が無い場合があり(攻撃魔法にも命中判定があって外れる事が多い、と言うイメージ(内部処理的に命中判定があるのかは不明))、攻撃魔法を主力にしてアイテムでMP回復、と言う訳にも行きません。
最終的には、相手を気絶させるのが効果的なので補助魔法主力で戦いましたが、成功率はすこぶる低い(-ω-)
延々、全体系の気絶魔法を連発させて気長に成功を待ちつつ、傷付いた前衛を回復させながらの戦いでした。

そうした中盤以降の戦闘では細かな指示が不可欠なので、オートバトルなのに一々指示出さなくちゃなら無くて、1回1回の戦闘の手間が激増。
その上、前作と違い時間経過が自動で高速だから、広いフィールドでなら多少敵を避けられますが、ダンジョン内では避け切れません。
結果、シンボルエンカウントなのに、出現率の高いランダムエンカウント以上に敵と遭遇しまくります(-Д-;
いや~、ここまでしんどいゲーム、他に覚えがありませんわw

もちろん、それでもクリア出来たんだから、理不尽と言う訳ではありません。
面白さ100、しんどさ100みたいな感じで、とにかく疲れました(^ω^;
極め付けは、すっきり終わらなかった事。
とある城の隠し階段がまだ見付かっていないし、カオス城地下の破戒僧は
デュアル・ダークとやらを倒せば何か喋りそうだし、確か7つの心臓全てが揃ったらもう一度来いと破戒僧の長が言ぅてたし、そもそも次元界の危機を救うのが目的な訳だから、このデュアル・ダークと言う最後の心臓の戦士を倒したあと、最悪戦闘無くてももう少しシナリオは続くよな。
と思っていたら、
デュアル・ダーク倒して終わり(-ω-)
しかも、俺たちの戦いはこれからだ!エンドorz
いやまぁ、とっくにお金はカンストしているし、最後のクラスチェンジも終え最強クラスの魔法も覚えている状態だったから、クライマックス感は半端無かったけども(^Д^;

んで、3部作だと思い込んでいたけど、知らないだけで
とか出てんの!?
と思って調べましたが、
までしか出ていません。
そう、「
夢幻の心臓」シリーズは、未完のまま終了していたのでした(^∀^;
まぁ、「
ドラゴンスレイヤー」シリーズも「ハイドライド」シリーズも、接前作から続いているシリーズでは無いのでどこで終わっても問題無いと言うだけで、どちらも現在まで続いているシリーズではありませんから、「夢幻の心臓」シリーズだけが特別と言う訳でもありませんけどね。
たまさか、
接続いているシナリオだった所為で、未完状態になってしまったんですな。
ま、それならそれで、
デュアル・ダークを倒して一件落着、と言うシナリオ展開にしてくれれば良かっただけなんだけども(^ω^;
1作目や
と比べると、とても切りの悪いところで終わっているからなぁ(--;

と言う訳で、シリーズ最高のシステムで、
ラフィック、BGMも素晴らしいのですが、稀に見るしんどさで素に絶賛しかねる本作(^^;
1作目はプロ
ラム的に描画が遅過ぎて、はシステムの完成度の低さから中盤以降つまらなくて、は戦闘バランスシビア過ぎて、シリーズ全般問題作w
やはり、ゲーム史に残る有名シリーズとして、特別興味のある向きにしかおすすめ出来ません。
それでも、理不尽が過ぎてクリアに失敗する
レトロゲームが多い中、全作自力クリア出来たのも事実。
その意味では、当時を知らないが
レゲーに興味のある若者が遊ぶのには、向いているのかも知れません。
ですから、興味のある人は一度遊んでみてはどうでしょう。
問題があり完結もしませんが、ちゃんとクリアは出来ると思いますよ(^∀^;



個人的評価
★★★☆☆(3/5)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】LOGiN ランクB)LOGIN 1990年2月16日号 ログイン価格:1410円(税込、送料別) (2019/4/21時点)




この記事へのコメント

唯原陽幸
2019年04月25日 22:07
どもヽ(´▽`)ノ
クリアお疲れ様です!
当方、大型連休前の仕事が忙しくてあまりネットに降臨出来ません(つД`)
去年の連休は祖母の葬式で終わってしまったので今年こそは遊び倒したいと
思っております。
やはりレゲーって感じの内容でしたね(^^;
まあ、思い出っていうものはそのままが良いと思ったりして。
でもレゲーは理不尽でもやはり面白い作品が多かった気がしますね。
話変わりますが。
連休に入りましたらSTGのレゲーのレビューをブログに掲載したいと思います。
RPGは時間的にムリですのでパスでw
でわでわノシ
2019年04月25日 22:37
崩御してからばたばたと、では無く、退位して粛々と、ですが、10連休となると素直に喜べない人たちは多い様で(^^;
まぁ、そう滅多にある事ではありませんが。

レゲーをやっていると、その発想の素晴らしさと共に、今のユーザーフレンドリィが当たり前の遊びやすさも実感します(^ω^;
今はラプラスの魔をプレイ中ですが、最序盤は今のゲームしか知らない若い人では、何をやれば良いのかすら判らないんじゃ無いかと思えます。
いえ、自分も未だに、レリクスは何をどう遊べば良いのか理解出来なくて遊べていませんがw

この記事へのトラックバック