Valhala loss - 駄話・出張版

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ゲーム/感想/Xbox 360】「FABLE ANNIVERSARY」をクリアしましたよ。

<<   作成日時 : 2019/04/01 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


先日、Xbox 360FABLE ANNIVERSARY」をクリアしました。

クリア時点でがっつりおっさんと言うのも珍しい?(^^;

〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜

簡単な内容説明

Xboxの傑作アクションRPGである「FABLE」の、完全版リメイク。

少年は、優しい父母と姉と共に、家族4人で静かに暮らしていた。
しかし、ある年の姉の誕生日、村は山賊の襲撃を受け、
父は殺され母と姉は連れ去られてしまう。
少年は、その場に居合わせた英雄ギルドのメイズに救われ、
ギルドが新たな家となった。

必然的に、少年はギルドで英雄となるべく修行を積んだ。
心に、復讐の念を抱いたままで。
そして、18になった少年は、英雄としての旅路に就く。
その先に待つのは、光あふれる英雄への道か、
はたまた復讐に彩られた闇の英雄への道か……

〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜


ここ数年、特にハマッてオープンワールド系アクションRPGをたくさんプレイして来ました。
一応、まだ遊んでいないタイトルもそこそこあります。
しかし、次に何を遊ぼうかな、と最近になって考えた際、条件に合う候補がまったく無い事に気付きました。

自分が特に好きなのは、キャラメイキン
があるオープンワールド系ファンタジーアクションRPGとなります。
OBLIVION)」や「Kingdoms of Amalur:Reckoning)」みたいなゲームです。
キャラメイキンが無い、ファンタジーでは無い、
アクションRPGでは無い、と少し条件を変えればまだ存在しますが、条件通りのタイトルは終了。
特定のゲームの為だけにハードを買うってのはアリだから、次世代機まで手を広げて調べてみましたが、やはりこちらにも存在せず(どちらかと言うと、次世代機にはオープンワールド系アクションRPG自体少ないですね。)。
日本語化が微妙でレンタル相当の
Steamや、オンラインMMORPGであれば、条件に合うゲームもあるんですけどね(Steamやオンラインゲームが嫌いで、手を出していないからだけど(^^;)。
思えば、
箱○やPS3程度のスペックがあって初めて普及出来た若いジャンルだから、絶対数がまだまだ少なかったんですねぇ(-ω-)

と言う事で、少し条件を緩めて、且つ今回は当時(「ソーサリアンオンライン」みたいなゲームを探していた当時)、キャラのデフォルメが格好悪くゲーム後半は国の運営をするみたいな事が書いてあって選外にしていた「
FABLE U」に再注目。
キャラメイキンも無いしキャラも格好悪いし後半冒険じゃ無くなりそうだけど、一応
オープンワ−ルド系ファンタジーアクションRPGだしな、と。
ただ、当時はまだ
Xbox未購入だった為か、1作目は遊べないと思い込んでいたんですが、今ではも持っているし、どうやら箱○でリメイク版も遊べると言う事なので、1作目から調べしてみました。
結果、1作目の
箱○リメイク版から遊んでみる事に。
フリーズが多いなど必ずしも芳しく無いレヴューが目に付きましたが、オリジナルの方は追加シナリオが国内未発売で、
箱○版はそれ込みの完全版と言う事だったので。
ちなみに、確かにフリーズは良くしたけど、
箱○のゲーム自体ほとんどそんな感じなんで(特にオープンワールドは)、これが気になる人はそもそも箱○で遊ぶのが向いていないって事でしょ(^^;
箱○は、フリーズするのが仕様w

さて、それではまず内容説明。
オープンワールド風ファンタジーアクションRPGで、主人公は少年で固定(本編開始時には18歳)。
ただし、名前は無く、自分で入力も出来ず、称号で呼ばれます(最初はチキン・チェイサーで、後に称号屋で購入して変更可能)。
成長はレベル制では無く、稼いだ経験値を使いマイト(戦士系)、スキル(盗賊系)、ウィル(魔法系)の3系統に分かれたスキル(こっちは能力とか属性と言う意味)を獲得、上昇させて行きます。
装備は、近接攻撃武器と遠距離攻撃武器を同時に装備し、頭、上半身、下半身、手、足に防具。
モラルと言う値があり、これにより善人か悪人になって行きます。
その為、クエストには善っぽい選択肢と悪っぽい選択肢があったり、同一の事件で被害者側の味方をするか加害者側の味方をするか選べるクエストもあります。

てな感じで、成長システムやアライメント、それに即した多くのサブクエストの存在など、ぱっと見は
オープンワールド系です。
が、フィールドMapはシームレスに移動出来ず、従来の
アクションRPG同様箱庭の切り替え方式です。
だから、まったく
オープンワールドっぽさは無いし、かなり世界も狭く感じます。
しかし、建物内への移動だけは(一部を除き)シームレスなので、まったく
オープンワールドに当てはまらない訳でも無い(^^;
だから、個人的に
オープンワールド風と表記(^Д^;

ちなみに、他のゲームは
オープンワールド系と表記しています。
厳密に突き詰めれば、全てのMap間がシームレスに移動出来るのが
オープンワールドの理想だと思うんですが、現実にはそれを実現したゲームなど(多分)ありません。
多くは、自分が大好きな「
OBLIVION」や「レコニン」の様に、フィールドMapのかなり広い部分をシームレスで移動出来、特別なエリアへの移動や建物、ダンジョンへの移動は切り替え方式、ってのがスタンダードだと思います。
だから、厳密には完全な
オープンワールドでは無いと言う意味で、普段はオープンワールド系と表記。
今回は、それにすら達していないと言う意味で、
オープンワールド風w

シナリオ的には、自分の村が襲われた事件の真相を探っていく過程で、英雄ギルドの新米英雄として名声を高めて行くと言うもの。
まぁ、英雄と言っても、この世界では名のある冒険者は皆英雄ギルドに所属して英雄と呼ばれている、ってだけですが。
英雄を冒険者に
き換えれば、普通のファンタジーと同じです。
村が襲われたのも、主人公の血筋にまつわるもので、物語の中核にガッツリ関
しているから、従来の良くあるアクションRPG的なシナリオ展開です。
だから、「
Ys」のアドルや「Xak」のラトク、「ゼルダの伝説」のリンクみたいに、しっかりキャラ立てしちゃった方が良かったのに、と思いました。
自分でキャラメイクする訳でも無く、魅力的なキャラ設定も無く、何とも中途半端な感じ。

このゲーム、
オープンワールド系では無かった事を筆頭に、各種要素に微妙な期待外れが多かったです。
成長システムに関しては、専業戦士、専業盗賊(弓兵?)、専業魔法使い的な成長は可能ですが、一部のボス系の敵に近接攻撃が当たりません。
だから、専業戦士だけは無理ですね。

あと、オリジナルからそうなのかは判らないけど、基本的にアイテムトレードでお金稼ぎをする様になっているのですが、同一商人から大量購入
即大量売却で利益が出てしまいます(^Д^;
だから、その気になれば、序盤からいくらでも稼げてしまう。
買える物だけでは最強になれないから、それだけでゲームバランスを崩す訳では無いけれど、取り敢えず回復系アイテムは所持数気にしないで使いまくれます。

セーブも独特ですが、クエスト中は任意でも最終チェックポイント時のデータしかセーブ出来ない、ってだけなので、理屈さえ解れば無問題。
画面切り替えで必ずチェックポイントになるので、あんまり実害も無いし。
ただ、通常の任意セーブでも、最終座標までしっかりセーブされる場所と、ロードするとそのMapの入り口に戻され雑魚も再配
される場所とがあって、何でそんな複雑で無意味な仕様なのかは疑問(^^;

ラフィックは、最初の印象通り中途半端なデフォルメで格好悪い。
大体5頭身くらいかな?
本当にちょっとのデフォルメなんだけど、7頭身のリアルキャラが主流の他の洋ゲーと比べると、中途半端だし格好悪いし。
子供はもっと顕著になっちゃうんで、格好悪いを通り越して気持ち悪い(^^;
だって、顔の中身は他の洋ゲー同様のリアル指向だものw
デフォルメするならするで、カートゥーン的にするとか、日本のアニメ的にするとか、もっとマシな選択肢もあったろうに(-ω-)

アライメントも、善と悪の二極化に過ぎず、普通にプレイしていれば善にしかならない。
悪には、無理に悪ぶらないとなれない感じで、なっても気分悪い(-'-)
他の
オープンワールド系の様な自由度とは言えませんね。
これだったら、前述の繰り返しになりますが、「
Ys」、「Xak」みたいにアドルの、ラトクの物語として、サブクエストはあっても良いけど、クエスト内容は統一感のあるものにした方がマシだと思う。

シナリオも、黒幕に良い様に振り回されて、後手後手で言われた事をやらされるだけの展開なので、特に面白くもありません。
と言って、
オープンワールド風に過ぎないので、家を買ったり結婚したりしても、この世界の中で生活するのが楽しい訳でも無い。
本当、これだったら従来の
アクションRPGとして、一本道のシナリオでしっかり盛り上がる様に演出する方が、何倍も面白くなるでしょうね。

とまぁ、いくつも残念な要素はありますが、それぞれほんの少しだけ微妙なだけで、決定的に悪い訳でもありません。
実際、ハマるほど楽しくは無くても、専業盗賊の善人、専業魔法使いの悪人と、2周遊びました。
致命的な欠点は、1つだけだと思います。
それは、スキルを獲得して行ってキャラを強くすると、それに合わせて年を取る事です。

これは、相応の力を体得するには相応の時間が掛かる、と言うのを表現したんだと思います。
しかし、ゲーム内の時間経過(昼と夜があり、商人の在庫復活まで数日を要すなど、経過日数をカウントしている)と加齢が連動していません。
ですから、最初のプレイで言うと、18で英雄として旅立ってから3週間で、40代半ばになっていました(-'-)
シナリオの時間経過とも連動していないので、再会した姉がいつの間にか年下に(^Д^;
この、老化の呪い(※)だけは、意味不明過ぎて大嫌いです。
(※呪いと言ってもシナリオ的に呪われる訳では無いので、自分の倍は年上の弟をそのまま受け入れる姉だし、自分と同じ年位の息子をそのまま受け入れる母ですw)
シナリオ的な時間経過は、本編内では1年、本編終了後から追加シナリオまでが1年で、本当なら追加シナリオの時点で20歳のはずが、実際には50代半ば……クリアする前に老衰で死ぬんじゃ無いかと本気で心配したわw

てな訳で、ゲームの面白さとしては微妙ながら悪くは無い。
老化の呪いだけはワケワカメだが、取り敢えず
オープンワールドでは無い従来のアクションRPGとして考えれば、そこそこ良く出来ている方だと思います。
幸い、これ1本でもう良いや、とはならず、いつか
Uも遊んでみよう、と思える程度には嫌いじゃ無いし(^^;
FABLE」シリーズの1作目として、今でも充分遊べるゲームと言う事で、興味のある方にはおすすめ可能ですね。


個人的評価
★★★☆☆(3/5)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どもヽ(´▽`)ノ
なんかソーサリアンの老化の要素が入った、ちょい意味不明なゲームですね。
フリーズっていくつか種類がありますが、プチフリですか?ちょいフリですか?
どちらにせよ、フリーズはカンベン願いたい所ですが(^^;
唯原陽幸
2019/04/01 21:59
どもヽ(^∀^)ノ

ソーサリアンは、戦国とかピラミッド以外は単発だからまだ良いけど、このゲームは駄目ですね(^^;
やるならやるで、ちゃんとシナリオにも連動させて、もう少し加齢のスピードは緩めるとして、周りのNPCも同様に年を取らせないと。
ドラゴンズドグマでは、クエストやサブクエスト後のNPCのリアクションが断絶していましたが、オープンワールドはただでさえプログラム管理が複雑なんだから、扱い切れない要素は無理して入れない方が良いですね。

フリーズは、完全に止まってしまいXboxボタンにも反応しない奴です。
いきなり止まれば判り易いですが、ロード中にひっそりフリーズされると気付け無ぇw
あと、ロードが挟まる時にフェードアウトして行くんですが、それがスローになる現象もありましたね。
最初は止まったのかと勘違いしましたが、1秒でロードが始まるはずの場面で何十秒も掛けてフェードアウトしやがって(^^;
その後はちゃんと動くんで、たまにロード時間が長くなるとでも言えば良いのかな?
Valhaloss
2019/04/02 22:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ゲーム/感想/Xbox 360】「FABLE ANNIVERSARY」をクリアしましたよ。 Valhala loss - 駄話・出張版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる