Valhala loss - 駄話・出張版

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ゲーム/感想/PS2】PS2「第2次スーパーロボット大戦α」をクリアしました。

<<   作成日時 : 2018/12/23 21:37   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


先日、PS2第2次スーパーロボット大戦α」をクリアしました。

今回選んだ主人公、ゼンガー・ゾンボルトと愛機ダイゼンガー

〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜

簡単な内容説明

傑作スパロボα、α外伝に続くαシリーズ第3作。

イージス計画の余波はそれなりに地球へダメージを
えており、
人々は復旧に追われる事となる。
しかし、全てが解決した訳では無く、
地下勢力の地上侵攻や木星帝国の台頭など、問題は山積。
さらに、新たな宇宙よりの来訪者を迎え、
戦乱の足音は静かに、しかし確実に近付きつつあった……

〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜◆〜〜〜


と言う事で、遊び始めると長期間拘束されてしまうので忌避気味のスパロボですが、久々に遊びたい衝動が頭をもたげたので、今回はまだ遊んでいなかったαシリーズの続きである本作をチョイス。
ただ、α
外伝ドリームキャスト版αかははっきりしませんが、αシリーズを最後に遊んでからかなりの間が開いているので、薄ぼんやりとしか覚えていない事も多い(^^;
ダンバイン勢はバイストン・ウェルに還ったんだっけ?
マクロス勢は地球圏外縁部で警戒任務でもしているのかな?
と言った具合に、今回登場しない前作での仲間の扱いがもやっとする(^ω^;
(版権の問題で未登場、と言うのが正解だろうが(爆))
やっぱり、出来れば続けて遊ぶべきだよな。
ま、1本1本が長過ぎるから、そうそう続けて遊べやしないけど(^Д^;

で、基本的には面白かったです。
特に、小隊システムは好き。
最大4ユニットで1小隊編制出来るので、圧倒的に出撃可能ユニット数が増えます。
修理や補給が可能な機体は弱い傾向にありますが、小隊内に配
する事で毎ターン自動回復効果が小隊全体に獲得出来るから、弱い回復系ユニットの価値も他のシリーズ作以上に高く、小隊編制の幅も広がっています。

たくさんユニットが登場するのに、そのほんの一部しかレギュラー参戦させられないのが、
シミュレーションRPGに対していつも感じる大きな不満点なので、小隊システムはその解決策の1つになってくれます。
だから、
スパロボZ)も好きなんですが、多分こっちがオリジナルなのかな?
やはり、
Z版の小隊システムと比べると、色々まだ煮詰まっていない感じはしますね。

あと、10段階の機体改造も、何故かユニットによっては9段階、8段階までしか改造出来なかったりしますが、限界値の代わりなのかな?
何より、全改造によるボーナスが無いのは残念。
最後に何を伸ばすかで、全改造ユニットにもプレイヤーごとに個性が出るのが良かったのに(-ω-)

と言った感じで、小隊システム自体は基本的に素晴らしいのだが、一部物足り無さや良くない部分があります。
完璧とまでは言えず、
Zの事を踏まえるとさらなる進化が期待出来るシステム、と言う事が出来るかな。

次はシナリオですが……あんまり面白く無かった(^^;
消えた前作からの仲間も気になるし、はっきりと
α、α外伝を細部まで覚えていないのもあるけれど、何よりも敵勢力との小競り合いばかりで、メインとなる様な大きなストーリィラインが無いから盛り上がりに欠けます。
今回、かなりバンプレオリジナルの影が薄く、本来であればその方が好みなんですが、ここまであっちこっちに視点がブレるくらいなら、エアロゲイターみたいな判り易いボス勢力がいた方がマシだったと思う。
一応、ガンエデンと言うバンプレオリジナルのラスボスはいて、その勢力としてクストースと呼称される奴らが登場しますが、基本スタンスは地球の守り神。
登場しても基本的には味方して来るので、敵勢力と言う認識にはなりません。
だから、最後はいきなりな展開で、ラスボスはぽっと出のラスボスです(^Д^;

あとは、個人的に全ての主人公がピンと来なかった(-ω-)
今回は、スパロボ系2人、リアル系2人の計4人から選べるんですが、誰もやりたいと思えませんでした。
消去法で、α
外伝で馴染みのあったゼンガーを選びましたが……やっぱりいまいちでした(^^;
ゼンガーって、こんな奴だったっけ?

それから、参戦作品の内、今回メインになる
機動戦士クロスボーン・ガンダム、ブレンパワード、鋼鉄ジー、勇者王ガオガイガー、戦国魔神ゴーショーン、大空魔竜ガイキンにも思い入れが無い(^ω^;
もちろん知ってはいるけど、
鋼鉄ジーガイキンは観たのが子供の頃過ぎて覚えていないし(鋼鉄ジーの超合金を持っていたけどw)、他は観た事無いし、興味も無いし(^Д^;
特に、
ガンダムは好きだけど長谷川裕一のガンダム漫画は苦手で、クロスボーン・ガンダムのデザイン露骨過ぎて(海賊だから髑髏、とか)嫌いだし。
キンケドゥ(シーブック)は、F91を改造して乗せました(^∀^;

てな感じで、システムは未完成ながら面白く、
シミュレーションRPGとしてとても楽しくプレイさせて頂きましたが、好みに合わない部分も多かったです。
ですから、決してゲームとして不出来と言う事では無く、自分が楽しめ無かっただけだと思います。
それでも、傑作であった
α、α外伝と比べれば、明らかに劣っているとも思います。
ま、αシリーズは第3次まで続くので、取り敢えずαシリーズの1本として遊ぶ価値は充分。
傑作である
α、α外伝を遊んだ後が良いですが、是非にとおすすめ可能な佳作でした。


個人的評価
★★★★☆(4/5)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】第2次スーパーロボット大戦α PlayStation2 the Best価格:204円(税込、送料別) (2018/12/22時点)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ゲーム/感想/PS2】PS2「第2次スーパーロボット大戦α」をクリアしました。 Valhala loss - 駄話・出張版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる