【レトロゲーム/感想/PC-98】PC-98「ELYSION」をクリア出来ませんでしたorz


先日、PC-9801ELYSION(エリュシオン)」をクリア出来ませんでしたorz

パッと見よりは独自色の強いRPG

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

簡単な内容説明

シミュレーションゲームの老舗、システムソフトが作ったRPG.
その昔勇者が封印した魔王が復活し、
それを倒す旅へ出ると言う王道ファンタジー。
まずは、勇者の資質を示す為、王の試練に挑め。

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~


システムソフトRPGとして、過去に「ティル・ナ・ノー」を遊んだ事はありましたが、この「エリュシオン」はそれ以前の作品であり、「ティル・ナ・ノー」の雛型になったそうです。
遊んだ事はもちろんありませんが、存在自体知らなかったので、一応旧
EGG版を購入だけして積んでいました。
今回、「
メタ女()」に引き続き、未知のレゲーと言う事で遊んでみました。

基本的なゲーム内容は、パッと見ナナメ見下ろし型の
アクションRPGっぽい画面なんですが、攻撃と移動にコストが設定されていて、PCが1回行動する度にそのコストに合わせて時間が経過するシステムです。
ですから、
アクションRPGの様に操作をしますが、プレイヤーが動かすまで進行しません。
PCは1人で、名前以外に性別、体格、種族が選べて、戦士系、レンジャー系、魔術師系と、結構違いのあるキャラクターメイキン
が出来ます。
装備品を変えると、キャラの
ラフィックも変わったりして、当時のゲームとしては綺麗な画面ですね。
ただ、効果音はありますが、BGMがありません。

実際の所、
シミュレーション畑のシステムソフトゆえ、完成度が高いとは言えません。
連続移動させてもスムーズに進行しないから、動きが緩慢になります。
1コレベルが上がると数値的にはかなりの上昇を見ますが、内部処理的に乱数がキツいのか、中々強さが実感出来ないバランスです。

バランスで言えば、序盤まったくお金が稼げない展開なんですが、回復するには宿泊の必要があり、場合によっては宿代がなくて詰む可能性も(^^;
経験値をがっぽりくれる代わりに滅茶苦茶厄介な
BLACK SOLDIERと言う敵が頻繁に表れて、運が悪いと鎧や盾を壊される事も。
もちろん、買い
すにはお金が要るので、壊されたらリセットです(^Д^;
他にも、攻略に必要な聖剣が無くなったり、攻略に必要なアイテムが売れたり捨てられたりするので(もちろん再入手は不可)、詰みポイント満載ですw

じゃあ、つまらなかったかと言うと、これが凄く面白かった(^∀^;
操作性が悪かったり、詰みポイントだらけだったり、そんな理不尽さは古参ゲーマーは慣れっこですからねw
そんな状態でもどうにかこうにか攻略を進めて行く過程は、むしろやり応えがあると言えます。
そう思える様な、独特の魅力があるのです。

と言う事で、
色々ツラいと思いつつ行ける所まで行きましたが、10巻の巻物を集める内の第3巻、聖剣を鍛える方法、魔王の城1Fの扉の開け方。
その3つがどうしても判らずギブアップ。
Mapを再度回り
すなど、詰まってからそこそこ粘ってみたんですが、もうお手上げでした(-ω-)

んで、しょうがないから攻略情報を検索。
古いゲームなので、完全な攻略サイトは見当たらず。
何とか拾った情報によると、巻物は壊せる壁を見落としていただけなので、完全に自分の落ち度でした(^Д^;
でも、聖剣を装備した状態で死ぬなんて、ノーヒントじゃ判らんわヽ(`Д´)ノ
聖剣で敵を一定数倒す、とかかな?
と思って、無理して弱い聖剣使っていたら無くなっちゃった事があったので、それ以来装備しない様にしてたわっヽ(`Д´)ノ

てな訳で、巻物はともかく、聖剣は納得が行かなかったので、そこで終了しました(^∀^;
まぁ、その先にも、ノーヒントで気付き様もない謎解きが待っている可能性はありますし。
ロマンシア」や「ウルティマIV」みたいに、攻略情報ありでもクリア出来なかったゲームが、過去に何本かあるからなぁ(^Д^;
独特の魅力はありつつも、操作性の悪さや理不尽さのストレスももちろんあって、そろそろ限界だったしw

そう言う事で、今回はクリアに失敗しました(^Д^;
キャラクターメイキン
とか面白いし、かなりハマって頑張ったんですがね。
レゲーの
RPGだから、長くても1週間掛からないだろ、なんてノリで始めた割には、本当に頑張ったんですよw
、完成度の低さは気にならなかったんですが、謎解きの理不尽さには対応し切れませんでしたorz
まぁ、そんなの、当時はよくある事だったけどなヽ(`Д´)ノ


(未クリアなので、個人的評価はなし。好きか嫌いかで言うと好き(^^;)





ゲーム全般・攻略ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

Kalz
2016年09月11日 09:08
どもヽ(´▽`)ノ
当方もロマンシア、ウルティマIVはクリア出来ていません。
ホント、昔のゲームは理不尽な作品が多かったですが、
ある意味鍛えられた気がします。
最近のゲームなんてぬるく感じますw
2016年09月11日 22:32
どもヽ(^∀^)ノ

難しすぎたり理不尽だったり、それでも楽しんでしまうだけの魅力もありました。
ロマンシアもウルティマIVも、未だに好きなタイトルです(^^)
最近のゲームで理不尽なのは、それに比肩するだけの魅力がないから、投げ出した後嫌いになるんだよなぁ(個人的には駄糞2とかw)。

あとは、ユーザーフレンドリーが当たり前になって、対象がライトユーザーになった事も大きいかな。
自分は特別なゲームを遊んだんだ、って言う、感動がない?
昔のゲームは、みんなヴェルタースオリジナルだったんだなぁw

やん
2017年03月04日 00:40
エンディングも感動モノだったことを覚えています。
2017年03月04日 21:30
書き込み、ありがとう御座いますm(_ _)m

自分は観られませんでしたが、昔のゲームには感動的なエンディングのゲームも結構ありました。
個人的には、DQIIのエンディングが未だに忘れられない。
今みたいにムービーなんかなくても、演出が良ければ感動しますね。
逆に、最近のゲーム(特に洋ゲー)はエンディングに力が入っていなかったり。
内容は面白いのにクリアしてがっかり、って事がよくありますよ(-ω-)

この記事へのトラックバック