【海外ドラマ/感想/DVD】DVD-BOXで「ヘイヴン シーズン3」を観ましたよ。


DVD-BOXを購入して、「ヘイヴン シーズン3」を観ました。

デューク役の個性派イケメン、エリック・バルフォー

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

簡単な内容説明

スティーヴン・キン原作の連続ドラマ、シーズン3。

ヘイヴンと言うこの街では、“災い”と呼ばれる超常事件が頻発していた。
ヘイヴンには、代々災いを受け継いできた“受難者”の家系があり、
何がしかのきっかけで災いが発現するのだ。
唯一、災いの影響を受けないオードリーは、
ネイサンとデュークの協力の元、事件解決と受難者の救済を続けていた。

オードリーが誘拐され、
その犯人がデュークではないかと詰め寄るネイサン。
彼の腕には、デュークを殺すと予言された男の刺青と、同じ刺青が……

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~


と言う事で、シーズン2)発売から2年もの間を開けて、ようやくシーズン3が発売されました(^^;
角川の再編とか配給会社とのいざこざとか、何らかの裏事情で、日本でのシリーズ展開そのものが立ち消えたのではないかと心配していましたよ(^Д^;

さて、待望の
シーズン3、その内容ですが、シーズン1)、シーズン2以上に面白かったですヽ(^∀^)ノ
1話完結の不可思議話が面白いのは今まで通りですが、今回はメインストーリィも面白かった。
何故なら、ようやくいくつかの謎が解き明かされて、話が転がり始めたからです。
ちゃんと、
シーズン2の引きである、ネイサンの腕の刺青も投げっ放しではなく、意味不明だったコロラド・キッドの正体も判明。
物語が核心に迫ります。

コロラド・キッドが意味不明だったので、メインストーリィは好きじゃなかったんですよ。
一切解説がないので、
コロラド・キッドと言うのが何なのか。
解説がないって事は、アメリカ人なら誰でも知っている、ヒーローとか有名人って事なんですかね。
日本で例えるなら、
信長、秀吉西郷、竜馬の様な歴史上の偉人?
真田十勇士鞍馬天狗、月光仮面仮面ライダーの様な架空のヒーロー?
Mr.ジャイアンツとかMr.パーフェクトの様な、現在の有名人の異名?
さっぱりでした(-ω-)

ですが、
シーズン3ではコロラド・キッドと言う呼称とは別に、本名が明かされました。
それでようやく、
コロラド・キッドと言うのはニックネームなんだな、と(^^;
しかも、作中で
コロラド州へ正体を探りに行くのを見て、「あぁ、ヘイヴンがあるのって、確かメーン州だっけ。だから、コロラドから来た子供って言うニックネームなのか」と納得(^Д^;
これまで引っかかっていたものが、すっきりしましたw

とても面白かったのですが、今回も完結せずに、良いところで終わってしまいました。
シーズン4は、すぐに発売されるのでしょうか。
本国ではすでに、
シーズン5の後半(話数的にはシーズン6)が始まっているのかな?
そう、
シーズン4では完結しない事が判っています。
しかも、展開上いつもの1話完結不可思議話は出来ず、メインストーリィをある程度進めなければならない状態です。
さっさと、
シーズン4は観ちゃいたいところ。
今回は、待たされたくありませんね。

それに、仮に待たされるのであれば、せめて
吹き替えを付ける、逆表現のしょぼい字幕翻訳を改める、メイキンやインタビューなどの特典映像を入れる、などの、仕様改善をして頂きたい。
今回は、2年も待たされたのに、一切改善されていませんでしたからね。
本当に、
ドラマ本体は最高なのに、商品仕様は最悪です(-' -)

と言う訳で、相変わらず仕様の問題もあって満点は付けられませんが、
ドラマとしては最高に面白いですよヽ(^∀^)ノ
今までに観た
スティーヴン・キン原作作品の中で、一番好きかも。
主演の
エミリー・ローズは可愛いし、デューク役のエリック・バルフォーの顔がめちゃ好みだし(ホモ的な意味ではなく、自作キャラクター(主役ではなくライバル役)として描きたい顔的な意味でw)、WWEスーパースター・エッジの出番も増えているし(^∀^;
おすすめ可能な傑作である事は、間違いなしヽ(`Д´)ノ


個人的評価
★★★★☆(4/5)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック