【映画/感想/DVD】DVDで「バイオハザード ダムネーション」を観ましたよ。


DVDを購入して、「バイオハザード ダムネーション」を観ました。



主人公のレオン・S・ケネディ



~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

簡単な内容説明

大ヒットゲーム、バイオハザードの映画で、
全編CGで描かれた作品の第2弾。
あくまでもゲーム版の映画化であり、実写映画版とは別物。

前作「ディジェネレーション」の後、
ゲーム版6よりも前のレオン&エイダのストーリィ。
東欧の小国で起きた内乱を舞台に、
レオンのバイオ兵器、B.O.W.との戦いを描きます。

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

前作
バイオハザード ディジェネレーション)」同様、ゲームのムービーだけを繋げたような作品なので、若干の違和感はあります。
切りのいいところでは、思わず操作したくなっちゃう
(^^;
けれど、
前作ゲーム版最新作バイオハザード6)」よりも、CG自体の出来は良いです。
バイオ5)、で格好悪かった主人公たち()ですが、今作レオンは格好良く見えました。
反対に、
エイダバイオ6の方が好みかな(*^∀^*)

内容的には、
ゾンビが登場せず、ゾンビに相当するのはプラーガに寄生された、ガナードと言う人間。
まだ死んでいないので、体に致死性の欠損や損壊がなく、まったくグロさが足りません。
さらに、
リッカーが大量に登場、追跡者スーパータイラントまで複数登場と、クリーチャーアクションムービーと化してます。
前作ゾンビだらけで、充分ジャンルはホラーと言えたんですが、今作ホラーじゃないですね。

それから、
リッカーの作内初登場時に、目が見えないはずなのに普通に襲って来て、設定違うじゃん。
と思ったんですが、
支配種のプラーガの力でリッカーを操れるって言う、映画オリジナルの設定でした。
支配種のいないシーンでは、ちゃんとレオンが音を立てずにリッカーをやり過ごしてました。
こう言う、
ゲーム版の設定を守っている描写は、ファンとして嬉しいですね。
敵を発見出来ずに、じゃれ合う
リッカーもキモ可愛かったです(^∀^;

そして終盤、倒したはずの
追跡者、スーパータイラントが生きていた。
が、何度も続き過ぎ
(^^;
ただし、自分で操作して倒す訳じゃないので、それほど非道くは感じませんでした。
これが
ゲームだったら、さすがにうんざりしたでしょう(^^;
そういう意味でも、やはり
ゲーム版とは違うのだな、と実感。

ゲーム版との違いと言えば、こちらは本物の映画なので、吹き替えがあります。
当然、自分は吹き替えで観たんですが、
バイオと言えば字幕って言うイメージはありますので、最初は違和感を覚えました(^^;
けれど、観ている内に気にならなくなったし、本編ではありませんが、特典映像の字幕を見る限り、
今作の字幕の質は悪そうです。
字幕表示時間に対する文字数制限が、他の本当の
映画よりも徹底していない感じ。
文字数が多すぎて、読み切れないで消える事が多かったです。

実写映画版(Ⅱ()Ⅲ()Ⅳ())を除く「バイオハザード」は、日本人スタッフが作っている訳ですから、吹き替えは意訳じゃなくて本来の台詞と言って差し支えないでしょう。
となれば、質の良くない字幕など、必要なんですかね。
映画版だけでなく、ゲーム版も本格的に、吹き替え主流に切り替えて欲しいなぁ。

いくつかの不満はありますけど、美麗CGの
アクション映画としては、かなりの出来と言えるのではないでしょうか。
正直、
ゲーム版続編には期待してないけど、今作続編には期待しちゃいます。
それこそ、
次回作は「バイオハザード7」でいいじゃん(^∀^;
ゲーム版
スタッフに作らせるよりも、よっぽど面白いナンバリングタイトルになると思いますよw


個人的評価
★★★★☆(4/5)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

Kalz
2013年02月11日 18:34
どもヽ(´▽`)ノ
ゾンビの出てこないバイオハザード、
今後どのような方向へ向かって行くんですかねぇ。
2013年02月11日 23:49
どもヽ(^∀^)ノ

最近は、映画でも色々な種類のゾンビが溢れてますけど、やっぱり鈍くてしかし怪力なゾンビに、捕まって生きたまま腸抉り取られる古典的なのが、一番怖いですね。
バイオハザードと言いながら、もう事故じゃなくて兵器としてブラックマーケットに流れたバイオ兵器との戦いですしねぇ(^^;
過去の人気タイトルにいつまでもしがみ付かずに、新規タイトルで勝負…出来ないんだろうなぁ(-_-)

この記事へのトラックバック