【アニメ/映画/DVD】DVDで「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵」を観ましたよ。


DVDを購入して、「ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵」を観ました。

青年期の、主人公ガッツ。

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

簡単な内容説明

人気長編ファンタジーマンガ「ベルセルク」の劇場版。

主人公、黒い剣士ことガッツの青年期、
運命の相手グリフィスとの出逢いを描いた第一作目。

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

オープニング
平沢進が流れただけで、総毛立ちました(^∀^;
やっぱり、
ベルセルクと言えば平沢進ですなヽ(`Д´)ノ

その、
平沢進ベルセルクであるTV版は、基本的にはよく出来ていたし、個人的にはベルセルクと出逢わせてくれたので一応の価値を認めていますが、致命的な問題がありました。
主要キャラの代表と言っていい
パックの存在をなしにしていたのと、長さの都合か演出の限界かパック不在が祟ったのか、蝕からどうやって生還したのかをばっさりカットorz
まぁ、
原作継続中のアニメが中途半端に終わるのは良くある事ですが、あれは非道すぎました(^^;

転じて、今回の
劇場版、OPパックの姿があったし、狂戦士の甲冑シールケなんかの映像もありました。
どうやら、
全ベルセルクの映像化を掲げたサーガプロジェクトとか言うものの一環らしいので、黄金時代3部作以降も期待出来る模様。
TV版のように中途半端にはならないと思いますが、原作のスピードを考えると、その内追い付きそうですね(^Д^;

さて、
映画本編ですが、黒い剣士編は一切なしで、少年期もすっ飛ばしての黄金時代篇となっています。
少年期のエピソードは、フラッシュバックとして少し描かれていましたが、あれでは
原作未読者にはよく判らないでしょうね。
後の、
キャスカと心と体を重ねる場面で、表現が浅くなるのでは?
と、ちょっと心配になりました
(^^;

それから、
黒い剣士編を経ていないので、ゾッドが唐突過ぎる気がしました。
あの世界にはそういうモノがいる、という前振りがないので、
原作未読者には突飛な展開なんじゃないかなぁ。
劇場版1作目に、ファーストエピソードを持ってくる事は出来なかったんでしょうか。
で、2~4作目で
黄金時代、って構成の方が、原作を知らない人には判り易かったような気がします。

とまぁ、先に気になる点を挙げてみましたが、本編は概ね良好な出来でした。
特に、画は綺麗でしたね
ヽ(^∀^)ノ
CG技術をふんだんに取り入れているので、もしかしたら抵抗のある人もいるかも知れませんが、自然に見せる為のCGなので、多分大丈夫じゃないでしょうか。
劇場版って事で、キャスカの裸や乱れ飛ぶ首や手足に下手な修正はなく、ベルセルクらしさもちゃんと表現されていました。

ただ、物語的に言って、今作は
ガッツグリフィス、及び鷹の団の面々との、絆を紡いで行く過程に過ぎません。
盛り上がりの本番はこれから。
そういう意味で、今作はまだまだ盛り上がりが足りない感じです。
なので、満点は付けられないかな。

それでも、完成度はかなりのものだし、
原作ファンとして充分肯定出来る仕上がりです。
未だ
ベルセルク未体験な人には、是非にとおすすめ出来ます。
…まぁ、せめて
黄金時代3部作出揃ってから、一気に観る方がイイかも知んないけど(^∀^;


個人的評価
★★★★☆(4/5)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Kalz
2012年05月31日 14:46
どうも。
最近深夜帯のアニメばかり観ております。
結構血が飛び散る描写のものが多いです。
まあ、グロ得意なんで無問題ですが。

ベルセルク、名前しか知りませんのでコメントは控えますw
入るんなら原作からが良いんですかね?
2012年05月31日 22:59
どもヽ(^∀^)ノ

例えば、シュワちゃん主演のコナンシリーズのような、シリアスなヒロイックファンタジーに、古典ファンタジーの魔物よりももうちょっとエログロな、女性器や男性器を模したエイリアンチックな怪物が出てくる世界観です。
最近は、ギャグっぽいシーンも増えてるけど(^^;

入りやすいかは判りませんが、原作が一番面白いのは間違いありません。
TV版は、本文で指摘した欠点があるのでおすすめするのは抵抗があるし、劇場版は始まったばかりで絶対量が少なすぎ(^^;
ゲーム版は面白いけど、多分原作知っている人向けだし。

と、原作から入るのが、現状一番かと。
長期連載作品ですが、ペースが遅いのでまだ36巻までしか刊行されてませんしね(爆)

2012年10月30日 21:08
はじめまして、ベルセルクで検索していてこちらにお邪魔させていただきました
自分は原作は全く知らないでこの映画を見たのですが
フラッシュバックでちらっと過去の事が垣間見えたりしたのも
何かあったんだろうなという感じは伝わってきましたし
ゾッドに関しても、そういう世界観なんだなという感じでさほど気にせず見れました
何より劇場版という括りの中ではテンポよく物語を見せる必要があると思うので
そういう意味でよく出来ている作品で楽しめました
きっと原作を知っているとあそこはこうしてほしかったという欲が
必ず出てきてしまうのが人間だと思うので
ある意味では原作を知らずにまっさらな状態で見たのは正解だったのかもしれません

2012年10月31日 00:22
書き込みどうもヽ(^∀^)ノ

映画としての完成度、面白さがちゃんと確保されているので、その点は安心です。
ただ、ここまで丁寧に描かれている青春時代は、あくまでも本編に対する前振りみたいなもの。
この先、特に3作目になれば、作品の雰囲気ががらりと変わるはずです。
その時に、やはり本編である「黒い剣士」編なしだと、抵抗感が強いかも知れません。

ですから、是非3作目まで観て頂いて、どう感じたのか改めて聞いてみたいですね。
暗い展開や鬱展開などが苦手だと、観るのもツラいかも知れませんが(^^;

この記事へのトラックバック