【映画/感想/DVD】「ナンバー23」を観ました。※ネタバレ含む


DVDを購入して、「ナンバー23」を観ました。

主演のジム・キャリー

~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~
簡単な内容説明

妻子があり、退屈ながらも仕事もある。
平凡だが、幸せに過ごしていた主人公ウォルター。

彼は誕生日に一冊の本と出合う。
「ナンバー23」とゆうタイトルの妄想小説。
その主人公と自分に多くの共通項を見出したウォルターは、
本の内容が自分の事を書いたものだと思い込んで行く。

その本の中で繰り返し示される「23」とゆう数字。
その「23」とゆう数字に取り憑かれて行くウォルター。
その様子は、だんだんと常軌を逸して行き...


~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~◆~~~

先ずはじめに、「
23」とゆう数字について。
映画の感想をユーザーが書き込んでゆくサイトをちょろっと覘いたところ、「23」がこじつけだとか、結局「23」とは何だったのかとか、それらを理由に面白くなかったとする意見が散見されました。
で、それ違うよ、と。
この
映画において、「23」なんてある意味どうでも良いんだよ。

世の中に、“何でもかんでも「
23」に結び付けてしまう”考え方が実際にあるのか、この映画オリジナルなのかは知りません。
けれど、この
映画においては、「23」の秘密に迫る...なんて構成はされていない。
あくまでも、“何でもかんでも「
23」に結び付けてしまう”とゆう周りの人間に理解されない妄想に取り憑かれ、常軌を逸した行動を取ってゆく事がポイント。
23」が「いわしの頭」でも構わない訳です。

タイトルが「ナンバー23」な所為で勘違いし易いのでしょうが、例えば「ナショナル・トレジャー」の様に“世界に潜む謎を解き明かす”といった物語ではありません。
23」は話を転がす為の重要な要素ではあっても、この物語の主役ではないのです。
ウォルターを惑わし、真相へと導く役割。
それ以上でもそれ以下でもありません。

無論、この「
23」とゆうオカルト要素が魅力的かどうかは、作品の面白さに係わって来ます。
ですから、こじつけが過ぎて面白味に欠けると思われる分には、仕方がないのかも知れません。
ですが、普通の人であればこじつけだと一笑に付せる様な事を、真実だと思い込み行動にも影響してしまう狂気。
それを
演出する意味においては、普通に考えて理解出来ない様な理由、つまりこじつけである事に意味があるのでしょう。
逆に説得力があったりしたら、信じる方が常識的になってしまいます
(^_^;

あくまでも、「
23」はこの映画のスパイス。
23」そのもので作品を評価するのは、早計ではないだろうか
とまぁ、そう思う次第です。

次に、
サイコ・ミステリー()としての筋書きはどうだろう。
正直、二番煎じ、三番煎じなのは確か。
ミッキー・ローク主演エンゼル・ハート」の雰囲気、と言えば、分かる人にはネタバレですね(^_^;
個人的に大好きな
作品なので、この「ナンバー23」の雰囲気も好き。
淡々と進む
ストーリィ展開を中だるみと感じてしまう人も少なくないでしょうが、私個人は地味で静かでおどろおどろしい感じが心地好いくらい(^∀^;

それから、こういった
サイコな作品の場合、観終わった後「あれはどうゆう意味だったのか」とか「そうゆうオチならあのシーンおかしくね」といった、整合性のないシーンが見受けられる事がよくあります。
演出を優先した結果、つじつまが合わなくなってしまったシーンで、場合によっては幻覚扱い
ですが、この
作品にはそれがなく、作中にまいた伏線をみんな回収しています。
いえ、むしろちゃんと描き過ぎです
(^_^;
筋が通り過ぎていて、謎に対する答えもちゃんと見せてしまうので、安定感はあるが地味で、刺激のない仕上がりになっています。
個人的に、こんなに判り易い
サイコな映画ははじめてで、ちょっと拍子抜けな感じ(^∀^;

最後はやはり、
ジム・キャリーがすげぇ、です。
イメージとして、「
マスク」なんかの弾けたコメディー俳優と思っている方もいるかも知れませんが、彼の表現の幅は半端なく広い。
この
映画でも、優しい夫、理解ある父親、人付き合いが下手な冴えない男、ワイルドな私立探偵、妄想に取り憑かれた狂人、犬にあしらわれるところなんかは少々コミカルにと、いくつもの表情を覗かせてくれます。
正直、この
映画ジム・キャリーだから観ました。
映画としてはそれほど褒められた作品とは思いませんが、ジム・キャリーだけで最後まで観れます(^_^;
何でもそつなくこなし、且つ魅力的であるとゆう共通点を持つ、
山寺宏一が吹き替え担当なのも好かった。

万人に対しておすすめ出来る
映画か...って~と、はっきり言って無理(^_^;
ただ、
サイコな映画の割りにゃあまり個性強すぎないので、むしろこの手の映画のファンじゃない人向きかも
そうゆう人にとっては、
シナリオも意外性があって面白いと感じるかも知れません。
あ、それから、この手の
作品はバッドエンドが多いけど、この映画は一応ハッピーエンドっぽく描いていたのが意外でした。


個人的評価
★★★☆☆(3/5)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック