【格闘技/K-1/感想】「K-1 WORLD MAX 日本代表決定トーナメント 2,007」を観た。


K-1 WORLD MAX 日本代表決定トーナメント 2,007」のお話。

可哀想なほど報われないね、
小比類巻(^_^;
真面目すぎる性格が災いする人の典型ですな。
しかし、
アンディ・オロゴンが見事だったのも確か。
延長戦になって、攻めなきゃ勝てない事を理解し行動で示したのは、コヒィではなくアンディでした。
もう、この辺りはセンスでしょうね。
日本人ファイターの多くは、攻めるべき時に攻められない人が多いです。
大番狂わせとか言ってましたが、充分可能性のあった結果だと思いますがね。

TATSUJI vs.HAYATOも見事な打ち合いヽ(`Д´)ノ
シュートボクシング
vs.テコンドーも見応えあった。
流石、人類最激戦区

K-1 WORLD MAX
は、国内ですらハズレなしっ!ヽ(`Д´)ノ

しかし、
テコンドー尾崎は、思った以上に良かったですね。
しかも、
チームドラゴン所属だけあってイケメンですから、これから人気ファイターになるかも知れませんね(^_^;




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック