【格闘技/感想/K-1】K-1 in ソウル の感想


今日は、
K-1 in ソウルのお話。

何はなくとも
ガオグライ。そんな大会。
確かに、
優勝したチェ・ホンマンも強かったと思います。
しかし、喧嘩なら、殺し合いなら、戦争ならともかく、安全性を考慮し階級を分けてある
格闘競技スポーツ競技では、本来組んじゃいけないカードですよ(^_^;
そんな相手に、らしさは
ガオグライの方が出てましたからね。
あの高さの顔に、
実戦ハイキックを当てるなんて…。
でもさ、
ガオグライも180cmあるから、本当は小さくないんだよね(^_^;

ホンマン
はさ、やっぱ体で勝ってたよ。
まだ真価の程は、怪しいもんだ。
セーム・シュルトジャイアント・シウバみたいな2m級とやったら、テクニック不足が露呈する可能性あるね。

ボノさんは、ほんと~に、もうどうでもいいよ。
ちゃんは、勝ちにこだわった方が良かったのに。
真っ向勝負もいいんだけど、
曰く付きの復帰戦なんだから、勝っておけば良かったんだよ。
あれじゃ結果的に、“
勝ち星プレゼント”したのと一緒。
俺は
ちゃん好きだから、残念な内容でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック