【格闘技/感想/K-1】2004`K-1GP.決勝トーナメント


K-1のお話。

残念な事に、
決勝ホームタウン・デシジョンが起きてしまった。
EX-1ラウンドは、完全にレミーだったろ。
結果としては、
EX-2でもレミーが気張ってくれたおかげで、ぎりぎり権威は保たれたかも知れませんが、EX-1の判定を聞いた時は「K-1も終わった」と、がっかりしましたよ。
本当に
レミー、ありがとう(ToT)/
仕事とはいえ、「どちらが勝っても拍手を送りたい」との発言。
紀香の大きな胸も痛んだでしょうね(*^-^*)

判定ですが、vs.
セフォー、vs.ガオグライに関しては、K-1日本開催される以上、妥当なものでしょう。
ぎりぎりの僅差であれば、
ジャッジ武蔵贔屓なのは当然。
そこまで試合がもつれたのも、
武蔵の実力って事で(^_^;
しかし、
EXラウンドの終了時に腕を掲げた武蔵は、何とも小物。
やっぱ、あんたが
K-1チャンプなんて…
はい、皆さんご一緒にぃ「ない、ない、ない。」

ガオグライはやってくれましたね。
まさか、
スーパーアーマー標準装備サモアン・ファイターをKOするとは
で、
予想ではなく希望は外れましたが、何故今年は“こいつ”って言えなかったかと言うと、レミー vs.ホーストの結果が、まったく予想出来なかったからなんです。
それ位、どっちが勝ってもおかしくなかった1戦。
それを制した
レミー優勝は、まさに予想通り(何をいまさら(^_^;)。
しかし、次の vs.
ボタ予想外
当然 vs.
アーツだと思ってたし、最後にダウン取らなきゃ負けてた。
武蔵にゃ負け様がないが、ジャッジにはやられそうになったし(^_^;
結果だけ見れば順当かも知れないが、波乱含みの大会でしたね。
決勝疑惑の判定以外は、そこそこ面白いGPだったかと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック